ドイツ切手部会展 2001

通常切手が刻む歴史 1849-2001

 1849年にドイツで最初の切手が発行されて依頼50年余りの間に、ドイツ切手の大河は幾筋もの流れとなって分流、合流をくりかえして今日に至り、今ユーロ導入を目前にマルク時代の終わりを告げようとしています。
 この展示はドイツ切手の長い流れをひと通り概観していただくために、ベルリン、東独を含む全ドイツ本国で1849年以来発行されてきた通常切手を、原則として「1発行・1リーフ」の「編年形式」で展示していますので、ドイツ切手の全体像が鳥瞰できます。発行主体別、シリーズ別に分類配列された市売カタログとは違った視点から、ドイツの変転の歴史を感じ取っていただくのも一興と存じます。なお、リーフスペースなどの都合ですべての切手を網羅しておりません。


展示を見る